香港は言わずと知れた輸入国である。
国土も狭いので自国で収穫される作物などは、
あるにはあるが多くはない。

 

スーパーへ行くと輸入された商品ばかりが陳列されている。

 

…とはいえ、ローカルのスーパーにある野菜などほぼ、
中国産の上、瓜系、茎の太い葉野菜系がメインであり、
間違ってもサラダに使えそうな野菜は置いていない。

マニアックな輸入のお菓子はあるのに
プレーンのヨーグルトがなかったりする。
特にワタクシのエリア。

 

おそらく香港人は自炊しないのではないだろうか…と思われる。

 

故にバリエーション豊富な野菜を求めるなら外資系スーパーに出向く必要がある。

 

 

…が、

 

 

輸入品だらけなのが理由なのか、供給が安定しない。

 

故に同じ店にいつも同じ野菜があるとは限らない。
なので、たった一品のためにスーパーをはしごするか、、
あるいはそれ抜きで作るかという選択に強いられる。

 

 

因みに香港のスーパー、おそらくマーケティングは
正しく行われている様子で、下町、ドローカル住まいのワタクシと、
ハイソなエリアに住んでいる同僚N子の近所で
同じ系列のスーパーがあるのだが、
陳列の感受性のなさに目を瞑れば、
別のスーパーかと思うくらい品揃えが異なる。

 

同じスーパーなのに、、かたやオーガニックの野菜が売られ、
かたや中国産の野菜オンリー…

 

…次こそはエリアを厳選して引っ越す所存である…。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村